最前線治療ガイド|腰椎椎間板ヘルニアや加齢に伴う病

Doctors

今後の医療

Woman

近年は高齢化社会の進行にはとても追いつけない状態となっています。また高齢化が進むのと同時に少子化が進む反比例な事となっています。世田谷区においてもこの状態であり、高齢化に伴う医療についても改善しなくてはいけない点が多く出てきています。その中の一つとして在宅医療というものがあります。この在宅医療については高齢の方が病院生活を送る中で、治療については病院でなく自宅で受ける事になります。このように希望する高齢者の方は近年では増加してきています。世田谷区においても多くの住宅が立ち並んでいます。こうした中に高齢の方も多くおられます。当然在宅医療を希望される方も多くなる事になります。以前よりこうした点の変化が求められる時代となってきています。

世田谷区には多くの方が居住されています。以前より世田谷区についてはベットタウンとしての位置付けがされており、多くの方が認識されているものとなっています。これにより道路整備や電車などの公共交通機関の整備は早くからされています。在宅医療についてはこのような周辺の整備によることもされる方の一つの条件とされていると思います。やはり在宅医療となりますと自宅に関係者が来られることとなります。そうなりますと患者を1人にはしておけませんので家族の方が常に付き添うことがひつようとなってきます。在宅医療を始めるには家族の方の協力は必ず必要となります。こうしたことについては、事前に関係者で話し合って決めることとなります。

Copyright© 2015 最前線治療ガイド|腰椎椎間板ヘルニアや加齢に伴う病All Rights Reserved.